格安航空券を購入する時の注意点

国内旅行を行う際に格安航空券を利用する人は年々増加し続けています。人気の理由はなんといっても価格が安い点にあります。常に料金が一定である正規チケットとは異なり、その時々の需給動向によって価格が変動するのが特徴ですが、過渡期であっても正規運賃の半分程度の価格で購入できるのが人気の理由です。
しかし、格安航空券は価格が安い分、正規運賃のチケットには無い様々な制約点があるので、購入する際には注意が必要です。
制約の代表例は、一度購入をしたら原則キャンセルが出来ないという点です。正規運賃チケットの場合は旅行や出張がキャンセルされた場合には、飛行機チケットも自由にキャンセルして全額払い戻しを受ける事が可能ですが、格安航空券ではそれが出来ません。また、有効利用期限が短いチケットが多いため、出張や旅行で滞在日数を伸ばす際には、新たにチケットを買い直す必要が生じる事もあります。こうした制約点をしっかりと認識した上で購入する必要があります。

Copyright (C) 格安航空券お助けプロジェクト All Rights Reserved.